楽天のポイントためて(楽天カードをメインカードにして)、米代がいくら節約できたか計算してみた

ちょっと前に、とあるテレビ局より、
取材のお願いがありました。

過密スケジュールのタイミングやったんで、
取材はお断りしておりますが、
『コメ代の節約はいくらくらいできてるか?』って
いうのが質問されたんで、ちょっくら集計してみました。

私のコメの節約方法は、主に3つ。
・ふるさと納税の特典で頂く。
(詳しくはコチラ参照⇒→ふるさと納税おすすめ
・株主優待でお米を頂く。
 (って、今、米が優待の銘柄持ってないんですが(涙))
・楽天ポイント(楽天カード)で頂く。
 (今回、まとめております)

世間一般の節約雑誌には、
パンにするとか、麺類使うとか書いてあると思うんですが、
『コメを食わせろーーーー!』
という純日本人の旦那がいるので、
ホームベーカリーのパンは週末のみ、
麺類は週末のランチのみ
って感じです。

そんな米中心の食生活で、
家族4人ですけど、まだ子供が小さいので、
実質大人二人分+αなレベルです。
大体1ヶ月で10~15キロが目安です。
10キロだとあとちょっと足りないなーって感じです。

で、今回の話。
楽天ポイントを貯めて米を買っておりまして、
それでいくらお得したかなーと
まとめてみることにしました。

我が家のメインカードは、去年の秋から楽天カード。


ネット通販はできるだけ楽天にして、
(アマゾンが最安値の時もあるので要注意)
楽天ポイントを貯め、
日々の買い物は楽天カードで
楽天ポイントを貯め、
税金もナナコチャージの裏技で
楽天ポイントを貯め、
旦那の出張代の立替も楽天カードで
楽天ポイントを貯め・・・

その結果、はい、どーん!!

自腹 6,235円
ポイント 15,940円

おー、15000円得してたー!

ただ、楽天のポイント〇倍のお買い物ポイントも
結構たくさん入ってるので
全部がクレカポイントじゃないんですけども。
なんか、うれしいですね。
普段通りの生活してるのに、15000円お得って!

クレカのポイント還元率は、
どうやらrexカードとか
漢方スタイルカードのほうがいいらしんです。
が、年会費があるんで、1年間に使う金額次第かなと
今年1年どれくらい使うか見てる状態です。

あと、lifeカードのお誕生月もむっちゃお得らしい。
またも無断リンク失礼。
でもお得なんで見とくべし!
ライフカードでお誕生月にnanacoチャージで2,5%の還元率達成☆

多額の税金支払いのやり方は、こっちも参照ね!!
またも無断リンク失礼
今まで諦めてた固定資産税一気に10万コース問題が
片付いて、うれしかった記事です。
nanaco(ナナコ)で10万円を超える支払いをする方法

他のカードについては、
もし今年1年のカード決済金額が
年会費をカバーするレベルになるかどうかの様子見中です。
他のカードに乗り換えるかもしれませんが、
年会費を考えずに済む楽天カードはやはり気楽です。

まー、ネックは・・・

楽天カードのカード面が
ちとカッコ悪いこと?(笑)

楽天カード作るなら!
はい、ここからどうぞー!


・・・じゃなくて。
げん玉経由でお得ライフ満喫してください。(わざと?(笑))

楽天カードは、よく期間限定でポイントアップして
1600円前後分(通常1000円分くらい)のポイントもらえるので、
期間限定のポイントアップ、待ちましょうね!!

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
ランキング(米代がいくら節約できたか) ランキング(米代がいくら節約できたか)

忍者admax


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

副収入金額

<2015年9月ネット>
+46,378円

過去の副収入推移一覧
(1)アンケート収入
(2)ポイント収入
(3)ライター内職収入

<2014年12月トレード>
+2,700円

過去の過去の副収入推移一覧
(1)日本株
(2)FX損益

<2015年8月太陽光発電>+6,864円
明細はこちら
太陽光発電明細

掲載されました

201311esse (2)
2013年11月号のesseに
掲載されました
詳しくは⇒2013年11月号esseに載りました

家計ノート
2014年10月発売
プレジデント社
家計ノートに
掲載されました
詳しくは⇒『家計ノート』BYプレジデント社に載りました

ふるさと納税人気記事

1位
ふるさと納税de節約まとめ
2位
私のおすすめセレクト
3位
確定申告(住民税)

おすすめ記事

≪オモローネタ≫
お金持ちになれない理由
悪です
雑誌の表紙、飾りました


≪幼稚園ネタ≫
先生へ言えないこと
幼稚園選びの失敗点

副収入の稼ぎ頭

1:げん玉
 ⇒おすすめの使い方
2:ハピタス
 ⇒おすすめの使い方
3:マクロミル
 ⇒コツはこちら

このページの先頭へ