やっぱり冬の太陽光は厳しい-2014年12月太陽光発電の明細~太陽光発電元が取れるか検証中

今日は、一部の方に人気の太陽光のネタ。
毎月恒例、電気代チェック!です。

毎年冬場は曇が多くて、スカッと晴れない日が多いので、どうしても太陽光発電はへっちゃいます。毎年のことなので覚悟の上だけど、いろんな意味でさみしい季節です。

我が家の12月の使った(買った)電気は・・・
8,254円(406kwh)でした!
(乳幼児がいる専業主婦家庭、オール電化です。)

はい、やっぱり増えましたー。これにさらに暖房用の灯油代がかかってるので、1万超えてますねぇ。。。やっぱり冬はお金がかかる!!夏はまだ太陽光があるからいいけど、冬場はダメだぁ。

2014年12月分 太陽光発電の明細

201412太陽光1

全体的に今年は減りましたねぇ・・・
お天道様の影響なので誰のせいでもないですが・・・

太陽光発電の元はとれるのか計算してみる。

太陽光は初期投資がすんげーかかってるんで、
元がとれてはじめて、『タダ』といえます。
元がとれたか、検証しましょう。

自宅で消費した電気をこのように計算しまして。。。
201412太陽光2

電気代の単価は、震災前の安い単価のままで計算してます。
ほんとは値上がりしてるんで、
これ以上にお得なはずなんですが、
そこまで細かく計算すると面倒なんで・・・

201412太陽光3

まだまだですねぇ。
はやいとこ、半分行って欲しいです!!

201412太陽光4

10年で元とれるかなぁー。
厳しそうだなぁ・・・

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
ランキング(2014年12月太陽光発電) ランキング(2014年12月太陽光発電)

忍者admax


4 Responses to “やっぱり冬の太陽光は厳しい-2014年12月太陽光発電の明細~太陽光発電元が取れるか検証中”

  1. Chuku より:

    はじめまして、Chuckと申します!

    ブログの旅で訪問させて頂きました。

    冬場はどうしても光熱費が高くなりますね!
    太陽光発電の元が取れる計算、参考になります。
    初期投資が高い分、利益が出てくるのに時間がかかりますね。計算ですと10年くらいですか?
    わが家でも一応検討はしているので参考にさせて頂きます。

    応援ぽちっと!

    • ぶきっちょ より:

      Chukuさん
      初めまして!訪問&コメントありがとうございます。
      そうなんですよ、最低でも10年はかかります。10キロくらいデカイパネルをのせられたら、もっと勢いよく回収出来ると思うんですが、普通は3-4キロくらいがせいぜいなので、難しいですねぇ。ただ、今は、10キロを越える規模の太陽光は、電力会社が買取契約を保留してるので、やっぱり難しいという結論になりそうです。

  2. Chuku より:

    ぶきっちょさん、こんばんは!
    またまたお邪魔しました。

    やっぱり難しいんですね!
    じっと節約するしかないかー?
    ありがとうございました。

    また遊びにきますね!
    応援ぽちっと!

    • ぶきっちょ より:

      Chukuさん
      たびたびのご訪問、ありがとうございます!10キロ以上の大きいパネルが載せられて、電力会社が絶対買い取るという契約がとれたら、元は取れると思うのですが・・・3-4キロレベルではなかなか元がとれないので・・・節約するのが一番です、ハイ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

副収入金額

<2015年9月ネット>
+46,378円

過去の副収入推移一覧
(1)アンケート収入
(2)ポイント収入
(3)ライター内職収入

<2014年12月トレード>
+2,700円

過去の過去の副収入推移一覧
(1)日本株
(2)FX損益

<2015年8月太陽光発電>+6,864円
明細はこちら
太陽光発電明細

掲載されました

201311esse (2)
2013年11月号のesseに
掲載されました
詳しくは⇒2013年11月号esseに載りました

家計ノート
2014年10月発売
プレジデント社
家計ノートに
掲載されました
詳しくは⇒『家計ノート』BYプレジデント社に載りました

ふるさと納税人気記事

1位
ふるさと納税de節約まとめ
2位
私のおすすめセレクト
3位
確定申告(住民税)

おすすめ記事

≪オモローネタ≫
お金持ちになれない理由
悪です
雑誌の表紙、飾りました


≪幼稚園ネタ≫
先生へ言えないこと
幼稚園選びの失敗点

副収入の稼ぎ頭

1:げん玉
 ⇒おすすめの使い方
2:ハピタス
 ⇒おすすめの使い方
3:マクロミル
 ⇒コツはこちら

このページの先頭へ