300万以上持ってるお金持ちの方へー大和NEXT銀行定期預金の利息0.4%

今日は資産運用ネタです。

私のイチオシ、大和NEXT銀行がキャンペーンで定期預金0.4%です!!我が家のメインバンク、住信SBIネットバンクでも0.2%なので、利息が倍です!!(といっても、0.数%の世界ではありますが)

ただし、これ、条件がありまして。
・新規で口座開設した人
・かつ、300万以上入金してくれる人
が0.4%なんです。

すでに口座を持ってる人は、300万以上入金してくれるなら0.32%。
これでも住信SBIより良いのでお得です。

はい、300万以上お持ちのお金持ちに限る情報ですけど。
↓期間限定なので、手持ちの資金をそろそろ定期にまとめたい人はお早めに!!
ダイワNEXT定期預金

ちなみに、私がいつも押してる国債のキャンペーンは、今回はキャッシュバックだけで、定期預金の利息UPとは抱き合わせてくれてないです。っち!!定期預金利息UPを待ってるというのに!!
ダイワの国債

大和NEXT銀行は大和証券とセットで口座開設したほうが便利です。というか、国債は大和証券の口座で購入することになるので、国債を買いたい人は、セットで口座開設しておきましょう。

私がキャンペーンを利用して国債を買った時の話はこちら。
大和証券、定期金利2%!!なので変動ものの国債、買いました。

私は、国債を定期替わりと思って使ってます。変動10年ものです。基本は10年保有なんですが、1年以上経過したら、直近2回分の利息がもらえないだけで売ることができるんで、それだったら定期預金と同じだなぁと思って、キャンペーンを利用して小銭増やしてます。

超低金利だからこそ、あがこう!!

ネットバンクの定期キャンペーンを使っても、0.数%の世界って、切ないです。100万預けたところで、増えるのいくらよ?しかも、キャンペーン金利が適用されるのは、3ヶ月とか半年だけですから・・・

でも!!
1円を笑うものは1円に泣く!!

簡単に給料も時給も上がらない世の中だからこそ、私はあがく!!
より良い条件で、少しでもいいから増やしたいです。

というわけで、今日も定期預金のキャンペーン金利をチェックしております。

今回の大和証券は、国債と定期預金の抱き合わせ利息UPキャンペーンじゃなかったから、見送りです。ってか、手元に資金がまだ溜まってないという噂もあるけど(^_^;)

お得に大和NEXT銀行&大和証券の口座開設をしたい人へ

ポイントサイトでは残念ながら広告でてないので(出てるのを見たことがない!)、お友達紹介を使うのが今のとこ一番お得です。3000円程度頂けます。
ダイワ友達紹介

ただし・・・
これまた残念ながら、紹介する人が紹介される人の個人情報をすべて入力せねばならず、信頼できるお友達じゃないと厳しいのです。もし私を信用してくださるなら、ご紹介しますので、こそっと右サイドバーのメッセージ欄かコメント欄よりご連絡ください。

↓紹介する人がこれを全部入力しないとエントリーできないのです。
ダイワ友達紹介2

でも、口座開設そのものとデータはつながっておらず、紹介された人は、全部自分で口座開設の手続きしないといけません。あちらからは確認の連絡はあるかもしれませんが、特にメールが来たりすることはない模様です。(メールアドレスいれるんなら、データつなげるシステム作って欲しいと思ってしまう今日この頃です。)

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
ランキング(300万以上持ってるお金持ちの方へ) ランキング(300万以上持ってるお金持ちの方へ)

忍者admax


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

副収入金額

<2015年9月ネット>
+46,378円

過去の副収入推移一覧
(1)アンケート収入
(2)ポイント収入
(3)ライター内職収入

<2014年12月トレード>
+2,700円

過去の過去の副収入推移一覧
(1)日本株
(2)FX損益

<2015年8月太陽光発電>+6,864円
明細はこちら
太陽光発電明細

掲載されました

201311esse (2)
2013年11月号のesseに
掲載されました
詳しくは⇒2013年11月号esseに載りました

家計ノート
2014年10月発売
プレジデント社
家計ノートに
掲載されました
詳しくは⇒『家計ノート』BYプレジデント社に載りました

ふるさと納税人気記事

1位
ふるさと納税de節約まとめ
2位
私のおすすめセレクト
3位
確定申告(住民税)

おすすめ記事

≪オモローネタ≫
お金持ちになれない理由
悪です
雑誌の表紙、飾りました


≪幼稚園ネタ≫
先生へ言えないこと
幼稚園選びの失敗点

副収入の稼ぎ頭

1:げん玉
 ⇒おすすめの使い方
2:ハピタス
 ⇒おすすめの使い方
3:マクロミル
 ⇒コツはこちら

このページの先頭へ