果敢すぎる海外株(NISA)、あのマイナスはどうなった?

どーも、果敢トレーダー、ぶきっちょです。

日本個別株はほとんど売ってしまい
(中国の影響で株価がドカっと落ちるとこで
もうイヤになって、売りました。)
日本株で残ってるのは、数銘柄です。

欲しい銘柄がなかなか欲しい価格まで来てくれず、
その後は保有銘柄に動きなしです。

海外株のほうは・・・
同じく中国の影響で撃沈してしまってたんですが・・・
海外株は撃沈中

久々にログインして確認したところ、
マイナスが復活しつつありました。
一時、-150ドル越えをみてきてたので
ドキドキしましたよ。
週末時点では、もうここまで復活!!
海外株2

-150ドルこえたときは、ガビーンでしたけど、
さすがアメリカ。
上下がはげしー!!!
(日本には、ストップ高ストップ安っていうのがあって、
1日の間で動く株価に、上限下限があるんですけども、
アメリカはそれがないので、ガンガン下がり、
ガンガン上がりということが、ありえます。)

この海外のお株たちは、
どんだけマイナスになっても
保有する覚悟です!

基本的にMですから。
(それ、俗に塩漬けっていうんだぞ!
 ダメトレーダーなだけやん。)

保有してるのは、本家本元のコカコーラとか、ウォルトディズニーとかなので、多少の下落はあっても、上場廃止レベルってあんまり考えにくい(あるかもしれんけども)と思ってるんで、放置します。

いや、逆に少額ずつですけども、ちょこちょこ仕込んで行きたいです。

普通に取引すると、海外株は手数料がバカ高いので、ちょこちょこ取引するのは手数料がもったいないんですが、NISAのキャンペーンで、一定期間、海外も手数料が無料の時に申し込んでます。なので、手数料無料の間はちょこ買いしたい。

なぜマネックスを選んだかはこちら
海外株のデビューはマネックス証券で

これは、老後の楽しみです。
育っておくれー♥

マネックス証券のお得な口座開設情報

はい、いつもの・・・あれがあれで・・・

あれが(ここからげん玉登録していただいて)

あれで(検索バーでマネックスと入力して検索し、口座開設するとポイントもらえる)
マネックス げん玉

こう(げん玉のおすすめの使い方はこちらにまとめております。)
げん玉の使い方~私のおすすめの稼ぎ方

システム上のトラブルはつきものなので、
購入履歴メールは大事に取っておいてくださいね!!
メールアドレスは、
購入サイトの登録アドレス=げん玉の登録アドレスです。
(過去にこれが原因で却下された涙の経験アリ)

ただ・・・
正直・・・
げん玉経由で数百円のポイント貰うより、
個人的にサイドバーよりご連絡ください。

個人情報(メールアドレスとお名前)を教えてもらって、
私が入力しなきゃいけないのですが、
直接のお友達紹介だと、今の時点では3万の入金で3000円頂けます。

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
ランキング(海外株) ランキング(海外株)

忍者admax


One Response to “果敢すぎる海外株(NISA)、あのマイナスはどうなった?”

  1. 30nomoney より:

    ぶきっちょさん、お久しぶりです。 30nomoneyです。
    相変わらず、継続的に収入を稼いでいますね~。

    私も、投資を本格的に始めちゃいました。
    相変わらず、含み損なんですけどね。

    FXのブログを作りたくて、別サイトを立ち上げました。
    宣伝おつ。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

副収入金額

<2015年9月ネット>
+46,378円

過去の副収入推移一覧
(1)アンケート収入
(2)ポイント収入
(3)ライター内職収入

<2014年12月トレード>
+2,700円

過去の過去の副収入推移一覧
(1)日本株
(2)FX損益

<2015年8月太陽光発電>+6,864円
明細はこちら
太陽光発電明細

掲載されました

201311esse (2)
2013年11月号のesseに
掲載されました
詳しくは⇒2013年11月号esseに載りました

家計ノート
2014年10月発売
プレジデント社
家計ノートに
掲載されました
詳しくは⇒『家計ノート』BYプレジデント社に載りました

ふるさと納税人気記事

1位
ふるさと納税de節約まとめ
2位
私のおすすめセレクト
3位
確定申告(住民税)

おすすめ記事

≪オモローネタ≫
お金持ちになれない理由
悪です
雑誌の表紙、飾りました


≪幼稚園ネタ≫
先生へ言えないこと
幼稚園選びの失敗点

副収入の稼ぎ頭

1:げん玉
 ⇒おすすめの使い方
2:ハピタス
 ⇒おすすめの使い方
3:マクロミル
 ⇒コツはこちら

このページの先頭へ