私がブログをサボった理由

おはようございます、ぶきっちょです。

サボった分の記事のUPだけで、
オモロー記事が少なくて、
すみませんm(_ _)m

思えば、このブログ、
無料のFC2ブログからカウントすると
すでに6年位経つんですよね。

もう習慣になってしまっているハズの
ブログが、なぜ途絶えたか?

今日はブログをおさぼりした理由なんぞ書いてみようと思います。

理由1:他に楽しいことができた
理由2:家族が入院した
理由3:なんとなく。

さて、どーれだ?

答え:全部。

順番でいうと、
理由2:家族の入院
⇒理由3:なんとなく
⇒理由1:他に楽しいことができた
なんですけども。

最初に家族の入院が立て続けにありまして、
身バレ防止のため詳しくは書けないけど、
「ひとつ終わったら、また次か!!!」と
ぐったりでした。

そうこうしてるうちに、
予約投稿で書きためた分が切れた時点で
続きがUPできなくなり、
数週間が経過。

最初は「あぁ、かけなかったー!」と思うけど
だんだん、どうでもよくなる。

そして、特に理由はないけど、
ま、いっか。
になる。

そしてそして、次に楽しいことを見つけて、
そっちに熱中。

今に至るって感じです。
(それでも、ブロともさんのブログを見ては
ニヤニヤしてるってことは、
完全に抜けたわけでもないらしい。)

今回は、
「継続するって、マジムズ!!」
と痛感した次第です。

別に熱中してることのほうで
実は別ブログを立ち上げたりなんかしていて、
そっちを1日1記事UPしてると
こっちがおろそかになるという・・・

え?そのブログを教えろ?
いや・・・・
それは・・・
全員にオープンは無理っす。

ブロとも限定記事でならOKですが。。。
教えて欲しい人がたくさんいたら、
そんときまた考えます。

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
ランキング(私がブログをサボった理由) ランキング(私がブログをサボった理由)

忍者admax


4 Responses to “私がブログをサボった理由”

  1. みかん より:

    やだ~ご家族が入院だなんて大変だったじゃないですか!
    そりゃブログどころじゃない★
    まあ本業としてると継続が大事なんでしょうが…
    ティーチャーも私からしたらプロみたいなもんですからねブッ( ;゚;ж;゚;)゙;`;:゙;
    でも毎日更新ってほんとマジムズですね(笑)
    時々休んじゃいますがこれでも必死です~
    別ブログ、公開するなら是非招待してくださいね❤

    • ぶきっちょ より:

      みかんさん
      大変でしたよー(;>_<;) ま、今となってはの話になってますが。 ・・・誰がプロだって? 別ブログはそのうちコソっと教えます。そのうち・・・

  2. ワタモス より:

    お疲れ様でした
    家族の入院が大変だった・・と過去系なので何よりです

    別ブログ 楽しみにしています

    そしてほかの熱中している物が気になる

    ぶきっちょさんも倒れないようにしっかり休んでくださいね

    • ぶきっちょ より:

      ワタモスさん
      はい、もう過去形で、ピンピン元気にしておりますので、大丈夫ですよー。すっかり元気。
      別ブログ、知りたいですかー。んもー、変態仲間(*´∀`*)
      しっかり休んで、しっかり食べて・・・太ってきました゚(゚´Д`゚)゚

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

副収入金額

<2015年9月ネット>
+46,378円

過去の副収入推移一覧
(1)アンケート収入
(2)ポイント収入
(3)ライター内職収入

<2014年12月トレード>
+2,700円

過去の過去の副収入推移一覧
(1)日本株
(2)FX損益

<2015年8月太陽光発電>+6,864円
明細はこちら
太陽光発電明細

掲載されました

201311esse (2)
2013年11月号のesseに
掲載されました
詳しくは⇒2013年11月号esseに載りました

家計ノート
2014年10月発売
プレジデント社
家計ノートに
掲載されました
詳しくは⇒『家計ノート』BYプレジデント社に載りました

ふるさと納税人気記事

1位
ふるさと納税de節約まとめ
2位
私のおすすめセレクト
3位
確定申告(住民税)

おすすめ記事

≪オモローネタ≫
お金持ちになれない理由
悪です
雑誌の表紙、飾りました


≪幼稚園ネタ≫
先生へ言えないこと
幼稚園選びの失敗点

副収入の稼ぎ頭

1:げん玉
 ⇒おすすめの使い方
2:ハピタス
 ⇒おすすめの使い方
3:マクロミル
 ⇒コツはこちら

このページの先頭へ