ふるさと納税de節約まとめ

「6月と言えば?」
「梅雨」
と答えるのが、普通の人。

が、しかし、普通じゃなく骨の髄まで貧乏性の私に
「6月と言えば?」と聞くと・・・
住民税の季節(°∀°)b
と答えます。

(4月と言えばと聞かれれば、
固定資産税と自動車税の季節と答える私。
税務署に務めたほうがいい?(´∀`))

住民税の金額決定のお知らせが勤務先から配布される季節です。
一般的なサラリーマン家庭で、住民税を給与から天引きにしていると
感覚が鈍くなりますが、結構な金額を天引きされております。

どうせ税金を納めるなら、それで節約できちゃう、
素敵な制度ふるさと納税。

以前のブログでもまとめていた内容になりますが、
制度&確定申告について、もう一度まとめてみます。
で、後日、ぶきっちょイチオシのふるさと納税の特典も
ちょろりとご紹介予定です。

続きを読む前に、ぜひ応援クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ 


ふるさと納税のおいしい特典と手続き方法

ふるさと納税とは、自分で地方自治体を選んで寄付して、
その年の確定申告をして、
その寄付金額-2000円の税金が戻ってくるという制度です。
確定申告が必要ですが、
自腹2000円で特典をたくさんもらって、
元はすぐに取れるかなりお得な制度なんです。

手順としては、
(1)納税先を選ぶ
(2)納税先の自治体に「ふるさと納税したいです!」と連絡する
  (ほとんどの自治体がメールで申込みOK)
(3)納税する
  (クレカOKのとこや振込のとこもアリ)
(4)特典を選んで申し込む
(5)3月に確定申告をする
  (寄付金証明書が自治体から届くので要保管)

ふるさと納税の上限はいくら?

ふるさと納税は、納めている税金で上限が決まってます。
住民税所得割額の10%までです。
それ以上になったら、全額自腹です。

住民税所得割額がいくらかは、勤務先から配布される
住民税の金額決定のお知らせに書いてありますが・・・
そんなもんどこにやった???という方は、
目安がこちらに載ってました→ふるさとチョイス 控除になる寄附金額の目安は?

勘のいいあなたはお気づきですね。
いくらふるさと納税したかから、
年収が推定できてしまう~(≧▽≦)


1万円以上で特典がもらえるという自治体が多いので、
何か所できるか?という選択になるかなと思います。
5000円のところもありますけど、
2万のほうが特典が良いということもあります。

というわけで、いくら納税しているのかは、
今後気を付けて公開していこうと・・・思って・・・
うん、いきなり年収UPしたりなんかしちゃったら、
こそっとだまってふるさと納税金額を
増やそうと思います(°∀°)b
(きっとそんなことは永遠にないから、ご安心ください。)

ふるさと納税の確定申告と住宅ローン控除と併用について

一番のネックは確定申告ですね。
やったことない人にとっては、結構大きな壁かと思います。
でも、やってみると思ったより簡単でした。
正直、医療費控除のほうがよっぽどメンドクサイです。
前のブログでやってみたときの記事はこちら→ふるさと納税の確定申告しました

ちなみに、確定申告の場で表示される還付金は所得税分だけです。
所得税の分は、(ふるさと納税した金額-2000円)×所得税率。

↓すみません、私の勘違いです。
残りの分(ふるさと納税した金額-所得税還付額)は住民税から還付
されるんですが、住民税の季節である6月に還付されます。
確定申告してたら、勝手に計算してくれて、お便りが来ます。

お、っということは、もうそろそろ、還付金がくるわ~♪
むふっ。

訂正です。
住民税の分は、還付ではなく、
次の住民税からその分を引いてくれるということでした。

詳しくはこちら⇒ふるさと納税の確定申告後、住民税の還付はいつあるの?

もういっちょー、心配事があるとすれば、
「住宅ローン控除うけてるけど、大丈夫か?」ということですね。
今は、住宅ローン控除の枠が所得税で使い切れなかった場合、
住民税からも控除されるので、所得税も住民税も
全然納税してないっていうパターンもありえます。

うちも住宅ローン控除は受けてます。
所得税は少ないですが払っている状態
(つまり住民税は満額おさめてます)です。
なので、住民税所得割額の10%まででやっております。

ふるさと納税は、
住民税をいくら払ってるかがキーなので、
6月に勤務先から配布される、
住民税の金額決定のお知らせ、
要チェックです!

参考:おすすめ自治体セレクトト確定申告のやり方

ふるさと納税、私のおすすめセレクトはこちら
ふるさと納税、私のおすすめセレクト

確定申告の方法はこちら
ふるさと納税の確定申告の方法



応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
ランキング(ふるさと納税de節約まとめ) ランキング(ふるさと納税de節約まとめ)

6 Responses to “ふるさと納税de節約まとめ”

  1. ふるさと納税、魅力的ですよね。

    でも、、この頃細々した手続きをするのが本当に面倒になってしまって、踏み込めないです。

    ぶきっちょさん達、実践されている皆さんの様子を聞いて、なるほど~って感心してます。

    • ぶきっちょ より:

      ティーライフさん
      申し込み~振込とかは、普通のネットショッピングと変わらないんですが、
      面倒なのは確定申告ですねぇ~。医療費控除で、私はここ数年確定申告ずっと
      やってたんで、ついでにできましたけど、やってないと、結構面倒に感じます。

  2. 以前、ぶきっちょさんがふるさと納税の記事を書いていた時に、気になっていました。。。

    お米が送られてくる! とか、いいなぁーーと(笑)

    ちょっと考えてみようかなーと思います。
    私もふるさと納税仲間に入れてください^^

    • ぶきっちょ より:

      みるくなっつんさん
      ぜひぜひー!
      お米は魅力的ですよね~。
      ってか私、米と酒しか見てなかったりして(爆)
      今日の記事で、ふるさと納税の米特集してみました☆

  3. ワタモス より:

    ふるさと納税にチャレンジしてから検索したら
    googleさんのトップ5に入ってましたよ
    すごいですね

    住民税の所得割の10%までなんですね

    1万円1回より
    3000円から5000円でいろいろお試しも楽しいですね

    • ぶきっちょ より:

      ワタモスさん
      おお、こりゃどうもー。検索IN増やそう計画中だけど、なかなか安定してなくて・・・所得割の10%だけど、細かい端数もあるから、本気でギリギリまで粘る作戦だったら、もっと詳しい氷河必要かなーと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

副収入金額

<2015年9月ネット>
+46,378円

過去の副収入推移一覧
(1)アンケート収入
(2)ポイント収入
(3)ライター内職収入

<2014年12月トレード>
+2,700円

過去の過去の副収入推移一覧
(1)日本株
(2)FX損益

<2015年8月太陽光発電>+6,864円
明細はこちら
太陽光発電明細

掲載されました

201311esse (2)
2013年11月号のesseに
掲載されました
詳しくは⇒2013年11月号esseに載りました

家計ノート
2014年10月発売
プレジデント社
家計ノートに
掲載されました
詳しくは⇒『家計ノート』BYプレジデント社に載りました

ふるさと納税人気記事

1位
ふるさと納税de節約まとめ
2位
私のおすすめセレクト
3位
確定申告(住民税)

おすすめ記事

≪オモローネタ≫
お金持ちになれない理由
悪です
雑誌の表紙、飾りました


≪幼稚園ネタ≫
先生へ言えないこと
幼稚園選びの失敗点

副収入の稼ぎ頭

1:げん玉
 ⇒おすすめの使い方
2:ハピタス
 ⇒おすすめの使い方
3:マクロミル
 ⇒コツはこちら

このページの先頭へ