野菜をタダでもらって、さらに副収入を頂こう!

本日二つ目の投稿です。
一つ目はこちら
ぶっ倒れました。

ハピタスから、
すんごいお得情報です!
野菜をタダでもらって食費を節約し、
さらに副収入を頂こう!


今回出たのは、こちら。
らでぃっしゅぼーや。
なんと、333%ポイント還元!

ラディッシュボーや

ポイント承認条件はこちら。
要チェックです。

ラディッシュボーや条件

らでぃっしゅぼーやの333%ポイント還元でGETする方法。
(1)ハピタスに登録する。
(2)ログインして、トップページの
   みんなdeポイントをクリック。
(3)普通に購入。
  (商品がいろいろあって、333%還元にするには安いやつしかダメです!)
(4)後日、ポイントがもらえます。
(換金手数料は無料です。)


↓登録がまだの方は、こちらからどうぞー。
 30ポイントもらえますよーん。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

購入履歴メールは、
どうか捨てないで
保管しておいてくださいね!
ポイント承認の
トラブル時に必要です。


ハピタスさんのよりお得な利用方法については、
過去記事でまとめております。
私の副収入の稼ぎ頭サマサマ~なんです。
副収入の稼ぎ頭、ハピタスの使い方その1~お買い物編
副収入の稼ぎ頭、ハピタスの使い方その2~クリック&ゲーム編

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
人気ランキング(野菜をタダでもらって、さらに副収入を頂こう!) ブログ村(野菜をタダでもらって、さらに副収入を頂こう!)

6 Responses to “野菜をタダでもらって、さらに副収入を頂こう!”

  1. しだすず より:

    ぽちっと訪問しときました(^◇^)

    • ぶきっちょ より:

      したすずさん
      いつもありがとうございます!私も癒されにしたすずさんのブログいこーっと♪

  2. ハピタスの紹介、流石です!
    食費も節約できるし、しかも副収入まで。
    上手に、ハピタスも使えばかなり節約が
    期待できますね。
    師匠σ(゚∀゚)オレも、かなり稼いでいらっしゃるようで。
    頑張らねば…。わたじ、負げらんね(笑)
    ぶきっちょさん、脱水症状で大変だったようで。
    暑さも厳しいので、無理せずにゆっくりお過ごし下さい。

    • ぶきっちょ より:

      のほほんOL hanaさん
      ありがとうございますー。師匠σ(゚∀゚)オレにはかなわないですが、コツコツと地道にがんばりまっする~。
      hanaさんってランニングもされるんですよね~。水分補給、気を付けてくださいね。脱水めっさしんどいです!!

  3. りりぃ♪ より:

    昨日はあれから疲れてしまって(笑&夫がPC占領してたのもあるけど
    訪問できなくてごめんね(TT)
    ほんとに初期の頃のらでぃっしゅぼーやの野菜とったことありますよ。ずいぶん前だけど。
    有機野菜低農薬で安心だもんね。
    以前は野菜も虫食いなどがかなり多くて^^;でもそれが低農薬の証拠だったんだよね・・今は改良されてると思うけど

    • ぶきっちょ より:

      りりぃ♪さん
      いえいえ、お暇なときに来てくだされば♪
      らでぃっしゅぼーや、実はまだ未経験ですが、虫食いとかあるんですね、確かに低農薬の証拠ではあります。頼みたいんですが、今、実家からてんこもりで野菜貰ってて、冷蔵庫パンパンなので、どうしようかと迷い中です。」

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

副収入金額

<2015年9月ネット>
+46,378円

過去の副収入推移一覧
(1)アンケート収入
(2)ポイント収入
(3)ライター内職収入

<2014年12月トレード>
+2,700円

過去の過去の副収入推移一覧
(1)日本株
(2)FX損益

<2015年8月太陽光発電>+6,864円
明細はこちら
太陽光発電明細

掲載されました

201311esse (2)
2013年11月号のesseに
掲載されました
詳しくは⇒2013年11月号esseに載りました

家計ノート
2014年10月発売
プレジデント社
家計ノートに
掲載されました
詳しくは⇒『家計ノート』BYプレジデント社に載りました

ふるさと納税人気記事

1位
ふるさと納税de節約まとめ
2位
私のおすすめセレクト
3位
確定申告(住民税)

おすすめ記事

≪オモローネタ≫
お金持ちになれない理由
悪です
雑誌の表紙、飾りました


≪幼稚園ネタ≫
先生へ言えないこと
幼稚園選びの失敗点

副収入の稼ぎ頭

1:げん玉
 ⇒おすすめの使い方
2:ハピタス
 ⇒おすすめの使い方
3:マクロミル
 ⇒コツはこちら

このページの先頭へ