2013年トレード振り返り

アベノミクスに沸いた、2013年。
みなさま、利益出せた?

え?出せてない?
そりゃ、がんばらんと!!
どげんかせんといかんよ!

でも、大丈夫!
私すごい情報もってるアル。
(突然、中国人風になってみるヽ(*´∀`)ノ)

私のブロともに、
神業のシグナルを出せるトレーダーが
一人いるアルヨ。
FXで驚異的な的中率を持ってるアルヨ。
しかも情報は無料で公開アルヨ~。

シグナルは非常に簡単。
『この人が買ったら、売れ!』
『この人が売ったら、買え!』

驚異の的中率を持つこのお方。
FXデビューしたい初心者必見アルヨ~♫
ただ、公開される頻度に波があるのが問題アルネ。
神業シグナルのトレーダー

と、おふざけは置いといて。

<日本株> 確定利益率:15%くらい
(元金が動きまくるので、ざっくりです)
すっかり配当&優待目当てののんびりスタイルに
落ち着いてしまい、あんまり頻繁にやってません。
それでも、去年より利益増えてるー!!
アベノミクス万歳
ヽ(・∀・)ノ

それはいいけども、
手持ち分の売り時が
未だわかりません・・・

<FX> 確定利益率:47%くらい
うわ、なんだこの利益率!!
すっげーー!!

はい、これ、ほぼトラリピのパワーです。
トラリピの特性上、含み損があります。
なんで、今の含み損を考慮すると、25~30%くらい。
これでも驚異的な数字ですね、うん。
すげー、トラリピ。

でも、その影で、裁量トレードがダメ。

スキャルは性格的にどうがんばっても無理だったんで、
デイトレード(1日1回注文)で
きちんと損切りして(IF-OCO注文で)
安定的に勝てるマイスタイルを模索中です。

実は、11月中旬からデモでこのスタイルでやりはじめ
いい感じかもしれないスタイルになっていました。
もうちょっと慣れて、勝率も安定してきたら
本番でやってみようかと考え中です。

チキンなんで、通貨数をなかなか上げられず、
勝っても負けてもあんまり金額が大きくないというのが
私の悪い点です。

<投資信託>確定利益率:?(2-3%?)
すみません、元金がいくらだったか、覚えてないのもあって
(ちゃんと調べればわかるんですが、めんどくさーい!
確定申告の時に改めて集計します。)

アベノミクスのおかげで、
リーマンショック前に買ってたやつが
ようやくプラスになってくれました。
(まだ含み損のがありますが、何か?
鬼ホールド中(°┌・・°)ホジホジ♪)

私の中で、『注文してそれが約定するまでのタイムラグ』が
非常にもどかしく、もう外貨はFXでいくと決めました。
投資信託は、
・下落の時のスポット買い
・自動積立
が私にあってるみたいです。
セゾンとひふみが私のお気に入り♫

投資信託も、利益を大きく伸ばすのが苦手で、
待てずに利確しちゃうクセがあります。
完全放置すればいいんだけど、
またギリシャショックみたいなのがきたら?とか思っちゃって。
(でも家計から積み立ててるセゾンは離隔せずに放置中です。
単にめんどくさかったというだけですが・・・)

このあたり、まだまだ改善の余地ありです。

来年はNISA始まるし、
東京オリンピックまでは伸びそうだし、
SBIでの積立とか株のトレードとか、
どうやっていくか考え中です。

そして、来年こそ。
FXで1万通貨でも平気で
バンバントレードできる
強い心臓にしたいと思います。

では、良いお年を
(≧∇≦)b

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
ランキング(2013年トレード振り返り) ランキング(2013年トレード振り返り)

忍者admax


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

副収入金額

<2015年9月ネット>
+46,378円

過去の副収入推移一覧
(1)アンケート収入
(2)ポイント収入
(3)ライター内職収入

<2014年12月トレード>
+2,700円

過去の過去の副収入推移一覧
(1)日本株
(2)FX損益

<2015年8月太陽光発電>+6,864円
明細はこちら
太陽光発電明細

掲載されました

201311esse (2)
2013年11月号のesseに
掲載されました
詳しくは⇒2013年11月号esseに載りました

家計ノート
2014年10月発売
プレジデント社
家計ノートに
掲載されました
詳しくは⇒『家計ノート』BYプレジデント社に載りました

ふるさと納税人気記事

1位
ふるさと納税de節約まとめ
2位
私のおすすめセレクト
3位
確定申告(住民税)

おすすめ記事

≪オモローネタ≫
お金持ちになれない理由
悪です
雑誌の表紙、飾りました


≪幼稚園ネタ≫
先生へ言えないこと
幼稚園選びの失敗点

副収入の稼ぎ頭

1:げん玉
 ⇒おすすめの使い方
2:ハピタス
 ⇒おすすめの使い方
3:マクロミル
 ⇒コツはこちら

このページの先頭へ