大和証券、定期金利2%!!なので変動ものの国債、買いました。

昨日、100万の定期預金の話を書きましたが、
他に、我が家には大和NEXT銀行に積み立ててるお金があります。
(繰り上げ返済のため)

昨日の100万の定期預金の話はこちら
定期預金の行方。

大和ネクスト銀行は、毎月の先取り貯金で
コツコツと積み立てて、まとまった金額になったら、
キャンペーン金利で定期預金にするというスタイルです。

積立を大和ネクスト銀行にしてるのは、
・自動的に積立を無料でやってくれる、
 資金おとりよせサービスがある(手数料無料)
・金利がそこそこ良い
・本人名義であれば他行振込無料サービスがある。
という理由です。

で、今回、ひさびさに(苦笑)ログインしたところ、
一般ピープルがコツコツ積み立てたレベルで
ある程度のまとまった金額になっておりました!!
(貯金額は、あくまで非公開です)

さー、この貯金、どうするよ?と思ったら、
こんなの発見。
ダイワNEXTキャンペーン

1ヶ月限定とはいえ、
定期金利2%っ!!

驚異的ですよ、この金利。
高金利のSBIだって0.4%だというのに。
国債を買うのが条件ですけども、
国債を買ったら、現金プレゼントしてくれる。

ダイワ国債キャンペーン

これは美味しい!と思って、
積み立てた金額から
買える金額を配分。

ちなみに、変動ものの国債にしました。
10年間は基本的にホールドなんですが、
1年後から途中解約OKです。
その場合、直近2期分の金利がひかれちゃいますが、
変動の現在の金利は0.4%です。
これ、SBIのキャンペーン金利と同じレベル。
十分っす!!

私の信用している人気ブロガーのkaoruさんも
国債っていいよねって書いてるし、
私もそう思うし、定期預金代わりに使います。
そうそう、kaoruさんといえば、FC2の凍結騒ぎ、
ヒヤヒヤしましたが解除されてよかったです!
祝✩ブログ再開♪

そんなkaoruさんのブログはこちら
FC2運営事務局もkaoruさんの人気ぶりに完敗。
(無断リンクすみませんm(_ _)m
 ご迷惑でしたら、すぐに訂正しますのでご連絡ください。)

そもそも定期預金って、銀行の裏側では
こういう国債とかで運用されてることを考えたら、
国債を直接持ってても一緒じゃん?と思い始め、
興味を持ったことからスタートしてます。

ただ、面倒なのが、このキャンペーンの条件。
定期預金はネット申し込みはダメという点。
しかも電話するなら、
本人じゃないとダメ。

主人名義の我が家の口座は、
主人から電話してもらいました。

↓定期預金の条件はこちら。
ダイワ定期の条件

というわけで、
大和ネクスト銀行もオススメです。

2%の金利は、今日までの入金という条件なので、
大和証券&大和ネクスト銀行に口座を持ってる人じゃないと、
もうムリというか、絶対間に合いませんが、
資産運用のお得情報でした。

で、お馴染みの流れ。
大和ネクスト銀行の口座開設するなら・・・
あーー!残念!!げん玉にはなかった(笑)

今のタイミングで口座開設するなら、
お友達紹介キャンペーンで3000円もらうのが
一番お得かと。
ダイワで3000円プレゼント

リアル友達に、『大和証券の口座持ってる?』なんて
聞けないと思うので、口座開設したい方は、
サイドバーからご連絡下さいませm(_ _)m

でね、ついでに。
NISAをどこにするか決めてない人、
こんなのあるよ!!
株とか興味ない人で、今後NISA使う予定もないって人は、
この定期の金利の4%はすごい美味しいと思います。
NISA作ればダイワは4%

大和証券はオンラインだったら
売買手数料は安いと思うし、
もしNISAで株売買したいって場合も、
良い証券会社だと思いますよー。
(私は残念ながらSBIにしてますので、使い心地不明。)

ただ・・・・一つ弱点。
大和証券と大和ネクスト銀行のオンラインは
非常に使い勝手が悪いです。

定期預金の申し込みなのに
大和ネクスト銀行ではなく、
大和証券からログインしないといけないという
ミステリーな画面設計してます。

元システム屋としては、
『(大和証券の長い歴史からのシステムの重みから)
 気持ちはわかるけどさ、
 もうちょっと頑張ろうか。』
とつぶやきたくなるほど、
操作が非常にわかりにくくなっております。
その点だけ、ご了承ください。

え?
0.4%だとか、2%だとか、
利息を金額にしたら、
大したことないんだろう?
小さいことで悩むなって?

1円を笑うものは
1円に泣くんだーーー!!

(と、調べまくる私を実兄が
 よく笑うのでココで叫んでおきます。)

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
ランキング(大和証券、定期金利2%) ランキング(大和証券、定期金利2%)

忍者admax


6 Responses to “大和証券、定期金利2%!!なので変動ものの国債、買いました。”

  1. なな より:

    ほほー。
    定期預金もいろいろあるんですね!

    特に、繰り上げ分のお金はいつ払うかが明確なので、
    定期預金も計画的にできますよね^^

    どうもネットのセキュリティ関係に疎い私は、
    怖くてネット銀行って避けてしまうのですが、
    数年後にかなりの差がつきますよね!

    昔のお仲間にもよく「もうちょっと勉強しよう」と言われてしまうので^^;(セキュリティ関係とか)
    お金を計画的に増やすためにも、少し勉強して、
    ネット銀行に挑戦してみようかな^^

    • ぶきっちょ より:

      ななさん
      ななさん家も、繰り上げ返済は計画的にドカンと派なので、定期預金の利息にこだわる作戦は有効かと思いますよー。金額が大きくなればなるほど、大きな差になると思います!!ネットバンク、思ってるほど怖くないですよ。面倒なのは出金くらいですが、コンビニで無料で下ろせるとこなら問題なしです!小銭が問題なんですがね・・・振込手数料無料サービスがあれば、これもクリアされます。

  2. kaoru より:

    ありがとうございました。
    こちらは、ようやく落ち着きました(笑)

    ぶきっちょさんのブログを見て元気100倍です。
    しかも、大和さん凄いですねΣ(゚д゚lll)

    こういったキャンペーン的な情報は疎いので、本当に感心します。私もこういった事も発信すべきなのかもしれませんが、全くわからないんですよ(*_*)

    今後もブログの更新を楽しみにしていますね!kaoruでした。

    ※凍結対策で独自ドメインに変更しました。
    私はぶきっちょさんみたいに綺麗なブログを作る知識はないので、ただの安心代として費用が発生ですΣ(|||▽||| )

    • ぶきっちょ より:

      kaoruさん
      落ち着いてよかったです。その節はほんとお疲れ様でしたm(_ _)m
      大和さんの太っ腹企画は、ちょー短期間で終了しております。(たぶん、赤字?)私も偶然発見したんで、つぎは見つけられるかどうか・・・
      (独自ドメインへのリンク修正作業、少々お待ちをー!今のとこ、リダイレクトで大丈夫なんですね~。)

  3. 30nomoney より:

    金利、2%って ・・・ でかっ! Σ(@Д@;)
    資金が、ないぞよよよ;。

    おいしいですね。 100万年なら、2万円か~。
    よいよー。 いいな~。 口座を、げん玉で・・・。
    むむむ。 げんだまに、ないのか~。 残念

    情報ありがとうございます。
    僕も、勉強して FXで がんばろっと。

    • ぶきっちょ より:

      30nomoneyさん
      2%って大きいですよね!!見つけた瞬間、これは資金をかき集めねば!!とSBIのハイブリッドとかからかき集めて、100万以上の資金を無理やり振込みました(笑)

      そうそう、私、FXでただいま、すんごい損出してます。もーーー!!年末のトレンドが年明けに終わってから、全然ダメです。勝てません。非常に読みにくい相場です。先月から2000通貨に上げてましたが、1000通貨に戻そうかと・・・こういうときにホイホイ利益を出してる変態戦隊エロリーマン、コンチクショーですよ!!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

副収入金額

<2015年9月ネット>
+46,378円

過去の副収入推移一覧
(1)アンケート収入
(2)ポイント収入
(3)ライター内職収入

<2014年12月トレード>
+2,700円

過去の過去の副収入推移一覧
(1)日本株
(2)FX損益

<2015年8月太陽光発電>+6,864円
明細はこちら
太陽光発電明細

掲載されました

201311esse (2)
2013年11月号のesseに
掲載されました
詳しくは⇒2013年11月号esseに載りました

家計ノート
2014年10月発売
プレジデント社
家計ノートに
掲載されました
詳しくは⇒『家計ノート』BYプレジデント社に載りました

ふるさと納税人気記事

1位
ふるさと納税de節約まとめ
2位
私のおすすめセレクト
3位
確定申告(住民税)

おすすめ記事

≪オモローネタ≫
お金持ちになれない理由
悪です
雑誌の表紙、飾りました


≪幼稚園ネタ≫
先生へ言えないこと
幼稚園選びの失敗点

副収入の稼ぎ頭

1:げん玉
 ⇒おすすめの使い方
2:ハピタス
 ⇒おすすめの使い方
3:マクロミル
 ⇒コツはこちら

このページの先頭へ