老後資金3000万を貯めるには、毎月いくら積立たらいいの?

老後資金3000万をためるには毎月いくら積立必要?

以前の記事で、「老後夫婦二人の家計簿」を計算して、老後の生活費は2240万必要だという結果がでました。この金額に家のリフォーム代とか医療費等をプラスして、老後資金は定年までに3000万円を目標金額にしました。

老後(年金暮らし)の家計簿を計算してみた-老後資金はいくら必要なの?
目標金額は決まったので、これを実現可能な具体的な数字に落とし込みたいと思います。定年までに我が家は残り約20年です。定年の20年後までに、老後資金3000万円を貯めるためには、毎月いくら積立てたらいいのか?が、今日のテーマです。

ぶきっちょ

毎月いくら貯金できるかって考えてしまうと、手に届く範囲までしか考えられなくて、永遠に目標に到達できない・・・

なので、先にゴールを決めて、そのゴールに到達するにはどうしたらいいか?を考えていくことにします。

ゼロ金利(利息なし)の場合、毎月いくら積立が必要?-毎月10.7万+年ボ2回積立てを20年間継続

老後資金毎月いくら積立てればいいか

利息が全く付かないとすると、単純に割り算となります。

我が家の場合、定年まで約20年ですので、下記のような計算になりました。

目標金額 ÷ 年数 =年間積立金額
3000万  ÷ 20(年)= 150万/年

(1)ボーナス時の積立てはしない場合
150万/年 ÷ 12(回)= 12.5万/月

(2)ボーナス時(年2回)に積立てる場合(ボーナス月に、1か月分と同額を積立)
150万/年 ÷ (12+2)(回)= 10.7万/月

定年までの残り年数が長ければ長いほど、毎月の積立金額は少なくなります。逆に年数が短ければ短いほど、毎月の積立金額は大きくなっていきます。年数別の毎月の積立金額を一覧表にしてみました。

年数 ボーナスなし ボ年2回
5年 50.0万 42.9万
10年 25.0万 21.4万
15年 16.7万 14.3万
20年 12.5万 10.7万
25年 10.0万 8.6万
30年 8.3万 7.1万

(ボ年2回=ボーナス年2回も積立てる、ボなし=ボーナス時の積立なし)

子供の教育費を捻出しながら、毎月10万以上の積立てを20年間続けるというのは、非現実的かなと思います。だって子供が大学進学中に、学費を払いながら毎月10万積立てられるなんて家庭なんて、めったにないですよね。

ぶきっちょ

それだけ毎月積立てられるなら、すでにかなり余裕資金があるよね?ってツッコミいれたくなるレベル。

利回りがあれば、毎月の積立金額が減らせる!複利運用で毎月積立金額はどう計算したらいい?

老後資金複利計算

利息がないという前提で計算しましたが、もい、ここに『利回り』があれば、少しくらいは積立金額が減るかもしれません。利回りがどれくらいあれば、どれくらいの積立で3000万になるでしょう?

でも、積立てながらの複利運用になるので、計算がややこしそうです。どうにか簡単にサクっと計算する方法はないでしょうか?

減債基金係数

減債基金係数というのを使うと、複利運用で将来の一定期間後に目標金額を作るために、毎月の積立金額がいくらになるか、サクっと計算できます。この減債基金係数というのは、ネット上に載ってます!この係数さえ調べたら、サクっと簡単に計算できますよー!

文章減債基金係数の使い方
目標金額 × 減債基金係数 = 年間積立金額

たとえば、目標金額3000万、積立て期間20年、想定利回り3%(年利)の減債基金係数は、0.037です。よって、3000万円 × 0.037= 111万円/年となります。

減債基金係数でググって調べてみてください。ちなみに、私は下記のサイト(カシオが運営しているサイト)から調べました。

参考 減債基金係数ke!san 生活や実務に役に立つ計算サイト

ぶきっちょ

複利運用の面倒な計算が、サクっと単純な掛け算で計算できるなんて、素晴らしいー!!

利回り5%なら毎月6.5万円(ボ2回)を20年間積立たら、3000万円!

老後資金3000万のためにいくら毎月積立てたらいいか

老後資金の目標金額3000万円を20年で積み立てると想定で、利回り別に毎月の積立金額を計算して一覧表にしてみました。

利回り 減債基金係数 年間積立金額 ボなし ボ年2回
1% 0.045 135万 11.3万 9.7万
2% 0.041 123万 10.3万 8.8万
3% 0.037 111万 9.3万 8.0万
4% 0.034 102万 8.5万 7.3万
5% 0.03 90万 7.5万 6.5万
6% 0.027 81万 6.8万 5.8万

(ボなし=ボーナス時の積立なし、ボ年2回=ボーナス年2回も積立てる)

ぶきっちょ

毎月10万は白目向きそうだけど、5~6万台ならなんか頑張れる気がする!!

この一覧表は、『3000万円を20年で積み立てる』という我が家の目標のために作りましたが、2000万円の人もいると思うし、25年積立てられるという人もいると思います。今後、上の一覧表を色んなバージョンで作っていく予定ですので、少々お待ちください。

↓1000万円・2000万円・3000万を10~30年で積立てるとしたら、いくら毎月積立てたらいいのかは、こちらにまとめております。
【目標金額別】1000万を貯めるには、毎月いくら積立てればいいか?2000万を貯めるには、毎月いくら積立てればいいか?【目標金額別】2000万を貯めるには、毎月いくら積立てればいいか?3000万を貯めるためには、毎月いくら積立てればいいか?【目標金額別】3000万を貯めるには、毎月いくら積立てればいいか?

ゼロ金利の超低金利時代に、利回り3%とか5%とかできるの?怪しくない?

結論から言って、全く怪しくないです。ただし、元本保証ではありません。リスクがあります。

バブル期はゆうちょの定期預金で6%とか7%とかの時代はありましたけども、今はさすがに、元本保証の定期預金で利回り5%とか6%は日本円では存在してないと思います。(あったら、私にコソっと教えてください。たぶん、詐欺です。)

もし定期預金で利回り6%とか7%のものがあれば、それはおそらく外国のものです。外貨なので為替リスクがあります。だから元本保証ではありません。

日本の銀行預金では全く利回りが期待できないので、株や債券で運用することになります。私は投資信託を自動的に積立てようと思っています。

ぶきっちょ

運用しよう!積立金額が月10.7万⇒月6.5万と、マイナス3万円もの効果。

次の記事で、目標利回りを設定して投信選びを考えていく予定です。

私の結論は、おそらく、セゾン投信。

↓セゾン投信は、資料だけでも読んでみる価値あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください