お椀や鍋にぴたっと密着してはまったモノを外す方法

やってしましました。
鍋にぴたっとハマって、
密着してはずれない事件簿。

↓この状態です。
はまった

密着して外れないのは、
100均一で買った、レンジでチンするとき用のフタ。
ラップがわりのフタ

ラップを毎回使い捨てにするよりエコなので、
旦那様の晩御飯には必ずコレを使ってます。

で、シンクの中にこれを入れてたら、
運悪く鍋の中に落ちて、ぴたっとハマった・・・

お椀にお皿がハマることもよくありますよねー。
包丁とかカッターとかで
隙間にぐっと差し込むとうまくいくこともあるんですが、
問題は、包丁さえも刺さらないくらい密着するとき。
ないですか?ありますよね?
どうしてます?
諦める?

私は、破れるまで壊れるまで使い切りたい派なので
(いや、破れてても使おうとする派(苦笑))
基本的に、なんとかしようともがきます。

で、私はいつもこうしてはずしてます。

鍋に水をいれて煮る!
煮る

ただし、この方法、空気が通れる隙間がないとダメです。
つまり、鍋に水を入れた時に、
ブクブクと空気が隙間から出てくるのが条件です。

あと、煮ても大丈夫なモノであること。
今回はチンしてもOKなレベルのものなんで大丈夫。
耐熱温度が低いヤツはNGです。

空気が通る隙間はあるけど、
刃物は通れないレベルの隙間なら、
使えるという方法です。

私は今まで『空気も通れないほど密着してる』という
ハマった状態になったことはないので基本的に使えますが。

沸騰させてみたら、グラグラとフタが動き始めました。
沸騰させる

はい、とれたー!
とれた!

というわけで、理系女子の実験ノート?公開。

家事は科学です。

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
ランキング(お椀や鍋にぴたっと密着) ランキング(お椀や鍋にぴたっと密着)


10 COMMENTS

ワタモス

家事は科学が役に立つこと多いんですよね
役立てていませんね 力づくです

我が家でもラップ代わりに大活躍しています
ずいぶんとぴったりの大きさなんですね

返信する
ぶきっちょ

ワタモスさん
いやいや、気が付いてないだけで、結構科学的なことやってるんですよ。
力づくのときはテコの原理使ってますし!ただ、あんまりやりすぎるとナベが傷だらけになるなと思って今回はコトコト煮ておきました。

返信する
みかん

なるほど~
きましたね!リケジョっぽい記事(*゚∀゚)=3
実験ノートとネタ帳は使い分けているのかどうかが気になるトコロです(笑)

返信する
ぶきっちょ

みかんさん
たまには、こういう『良妻賢母』っぽいこと書いとかないと、私、変態戦隊ももれんじゃーのイメージ先行しちゃうとまずいので!!(笑)
私のノートは公開・・・できるほど字がきれいじゃないんですが(涙)

返信する
ななこ☆

さすがリケジョ~!
家事が科学になるって思考なかったです。
我が家もラップ不要の蓋使ってるので覚えておきます♪

返信する
ぶきっちょ

ななこ✩さん
いや、家事は科学の塊です!洗濯で汚れを落とすのも、調味料を入れる順番も、ちゃーんと科学的にみると理科で習ったことばかりですから。ハマったら、次はコトコト煮てください(笑)

返信する
ぶきっちょ

中ジョッキさん
あーテレカ!今見ないですよね~。あの薄い磁気カードそのものが電子マネーのカードに変わっちゃってて見ないし。
ノートはコピペ・・・したいところだけど、ネタ元が結局自分だしな~。

返信する
あすみん

なるほど!

これは必要な学識です!!*\(^o^)/*

覚えとこーぅ。

あすみんなら、フォークか何か突っ込んで、お鍋もフォークも、傷だらけにしてしまいそうだよヽ(´o`;

返信する
ぶきっちょ

あすみんさん
そう、ナベが傷だらけになるんですよ、力技だと。ナイフも入らなかったし、このナベ気に入ってるんで、煮る作戦に切り替えました。次は煮てください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください